FC2ブログ

Z900RS ブレーキレバー調整

Z900RSの ブレーキレバーを調整しました(^^)
ブレーキ


ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら







すり抜け対策で ハンドルのバーエンドを外した時
移動
ブレーキレバーを 1cmぐらい内側に ずらしたのですが

ずらした分 ブレーキレバーが 遠くなったので
ブレーキ
調整ダイヤル(6段階:1遠い~6近い)を 4 → 5 → 6 へ

そして レバーの角度は ボッチ半分ぐらい 下にして

自分が操作しやすい 位置に調整しました


ちなみに レバーを固定するボルトですが
移動
上側を ほんの少し緩めてあり

両手でやれば 動くようにしています(^^;)



ついでに レバーの動きが しぶい感じがするので

レバー掃除を することにしました


まずは 下側のナットを外して
下

マイナスドライバーで ボルトを抜き取れば
上

レバーが 取り外せます
ばらし
煽動部には きちんと グリスが残っていましたが

汚れといっしょに ウエスで拭き取り

チェーン&ワイヤールブを 注油
注油



ついでの ついでに クラッチレバーも注油
クラッチ
ちなみに クラッチレバーは 購入時から 

調整ダイヤル 5段階中 一番近い 5 のままです 



クラッチレバーも まずは 下側のナットを外して
した

ボルトを 引き上げます
上
ボルトを外しても レバーが抜けないので


センサースイッチを 取り外してみたのですが
ねじ
抜けない原因は スイッチでは ありませんでした


ちなみに センサースイッチを固定しているネジが固く
(ゆるみ防止剤が塗ってありました)

ドライバーでネジ山を痛めてしまったのですが

やる必要のない作業だったので 気分が ブルーです 



結局 グリップのスイッチボックス 裏側の蓋 を外して
ばらし
レバーが 抜き取れました(^^;)


スイッチボックスの固定ネジを廻すとき

ドライバーが レバーにあたり 斜めに廻すことになるので

ネジ山を 痛めそうでしたが なんとか無事に廻せました


次にやるときは レバーを内側に ずらした方が

早いかもしれません (^^;)


クラッチレバーも煽動部等を清掃して注油

ワイヤーにも注油しておきました
注油
油を馴染ませるため ワイヤーを 手で持って

引っ張るのですが めちゃくちゃ軽い(^^)



まだグリスが残っていたので

レバーの動きは それほど変化しませんでしたが

気持ち スムーズになったかな~♪




コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)
スポンサーサイト



Z900RS リアブレーキ掃除

Z900RSの リアブレーキを掃除しました(^^)
なか



ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら



今度は Z900RSの リアブレーキを掃除です(^^)


まずは パッドピンの キャップを取り外します
キャップ
マフラーがあり 長いドライバーが使えないので

ソケットレンチの マイナスドライバーを使いました


パッドピンを緩めておきます
ピン


取り付けボルトを外します
トルク
(撮影し忘れたので 締め付け時の写真を流用)


キャリパを 回転させるように 上側にずらし
ずらし

今度は 横に引き抜くと キャリパが外れます
はずし
手を休める時に マフラーの上に置くので ウエスで養生しています

多少汚れていましたが 錆びは発生していませんでした(^^)
なか
ウエスや歯ブラシを使って ピストンの汚れを落とします

綺麗になったらメタルラバーを ピストンに吹き付けて
メタル
押し戻すのですが リアブレーキは径が大きくて 力がいるので

ピストンツール(アストロプロダクツ製)で 押し戻しました
ツール
いままで 手でやって苦労していましたが 

ツールを使うと 簡単に押し戻せました(^^)V


スムーズに動くまで 揉み出しを繰り返します



ホイル側にある ガイド(ステンレス製)の汚れを拭き取り
うけ

キャリパ スライドピンに シリコングリスを塗ります
ぬり

シリコングリスは モノタロウ製を使っています
しりこん


組み立ては まず キャリパを 差し込み
さし

手前側のパッドを ガイドに置いて
パッド

裏側のパッドをガイドに掛けて 手で保持した状態で
かぶせ
キャリパを回転させるように かぶせます

パッドやキャリパの位置を合わせて パッドピンを差し込み
ぴん

取り付けボルトを 規定トルク(2.2k)で締め付け
トルク

パッドピンを締め付けてから キャップを取り付けます
ふた

最後に ブレーキを踏んで ピストンを押し出しておきます
レバー


使用した工具
工具
ブレーキクリーナー(パッドやディスクの汚れを拭き取り)
メタルラバー
シリコングリス
12mm ソケットレンチ & トルクレンチ
6角レンチ
マイナスドライバーソケットレンチ
割りばし & 歯ブラシ
ピストンツール


リアブレーキは キャリパが上側についており

フロントに比べ 汚れにくいようなので

掃除の頻度を 少なくしてよさそうです(^^)



ブレーキは 重要保安部品です

不具合があると 事故になります

不慣れな方は 指導者と一緒に 作業するようにしましょう








コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

Z900RS フロントブレーキ掃除

Z900RSのフロントブレーキを掃除しました(^^)
汚れ




ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら



Z900RSを購入してから 3か月になるので

フロントブレーキを掃除することにしました(^^)
ピン
まずは パッドピンを緩めておいてから

取付ボルトを 外します
ボルト

まだ新しく ディスクに段差が できていないので
外し
簡単に キャリパを 取り外せました(^^)

ちなみに キャリパは トキコ製のようです



パッドピンを 取り外すと
パッド
パッドが 抜き取れます

2枚のパッドが 同じ形だったので
印
組み立てる時に 間違えないように 

外側のパッドに 印をつけておきました


キャリパピストンに もう点錆ができていました
汚れ
もっと早い段階で 掃除しておくべきでした


ピストンに メタルラバーを吹き付けて
メタル

ウエスで 汚れを拭き取ります
棒
簡単には 落ちませんが 根気よく拭き取り

錆ている部分は メタルラバーを吹き付けた
スチール
スチールウールで こすります

こするというより 傷を付けないよう なでる感じです(^^;)

歯ブラシで 汚れを かき出し
ブラシ

ピストンが綺麗になったら 
汚れ落とし
もう一度 メタルラバーを吹き付けてから

指で ピストンを 押し戻します


勢いよく 押し戻すと 

他のピストンが 飛び出て 外れることがあるので 

気を付けましょう(^^)



対向 4ポッド キャリパーは 指で

4つのピストンを 全部 押し戻すのは 難しいので

ピストンツールを使いました(^^)
工具


アストロプロダクツ DT299
箱
セール期間に購入 3,850円 → 2,530円

ピストンを4本とも 押し戻したら
開き

中にある パッドスプリングを 取り外します
スプリング

スプリングを外すと 後側から ピストンの汚れを落とせます
うしろ
こんな汚れた状態で ピストンを押し戻すと

シールを痛めてしまうのですが スプリングを外さないと 

掃除できないので仕方がありません(^^;)

シールを痛めないためにも こまめに掃除をした方がよさそうです


ブレーキレバーを握って ピストンを出して
調整
(出やすいピストン側は 棒を挟ませて調整)
 
メタルラバーを 吹き付けてから 揉み出しをします

4本が 均等に出るようになったら


スプリングと パッドを組付けて

キャリパを 取り付け
トルク
取付ボルトを規定トルク(3.6k)で締め付け

掃除が終わったら ブレーキレバーを にぎにぎして
レバー
ピストンを 押し出しておきましょう



ブレーキ掃除に使用した工具
工具
ブレーキクリーナー(ディスクやパッドの汚れを拭き取るときに使いました)
メタルラバー
12mmソケットレンチ & トルクレンチ
6角レンチ
割りばし & 歯ブラシ
ピストンツール




ブレーキは 重要保安部品です

不具合があると 事故になります

不慣れな方は 指導者と一緒に 作業するようにしましょう






コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

JADE リアブレーキ掃除

JADEのリアブレーキを掃除しました(^^)


ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら


今回は JADEの リアブレーキです(^^)

まずは、マイナスドライバーで パッドピンのキャップを外します
マイナス
5mm六角レンチで パッドピンを緩めてから

12mmソケットレンチで 固定ボルトを外します
固定

ディスクが摩耗しているので キャリパーを押して 緩めてから
ずらし
キャリパーを上側に回転させて

引き抜くと キャリパーが 外れます
ステップ
手を離すときは こんな感じで リアステップの上に置いています

スイングアーム側についている ブラケットやスライドピンを掃除して
ウエス

ブレーキを踏んで 少しピストンを押し出してから
ピストン
ウエスで 汚れを拭き取ります

メタルラバーを吹き付けて
めたる

浸透するように 少し放置してから
浸透
ピストンを 押し戻します

ピストンが1つだけなので モミモミではなく

ブレーキを踏んで ピストンを押し出して

メタルラバーを付けてから 指で押し戻し

を スムースになるまで繰り返します


ピストン径が大きいので 指で押し戻すのに

かなり 力が必要です


以前は ピストンに シリコングリスを塗ってから 

押し戻していたのですが 動きが固く 指が痛くなるので

メタルラバーを使うようになりました(^^)
(ブレーキ掃除の必需品です)


スライドピンに シリコングリスを塗って
シリコン
(キャリパー側の穴にも シリコングリスを補給して)


手前側のパッドを ブラケットに置いてから
組み立て
キャリパーを スライドピンに差し込み

裏側のパッドをブラケットに掛けて(左手でパッドを固定しながら)

キャリパーを回転させながらずらし

固定する位置になったら スライドピンを差し込み

キャリバー固定ボルトを 締めこんでから

スライドピンとキャップを締め込んでいます


最後に ブレーキレバーを踏んで ピストンを押し出し

ブレーキが 動作するか確認して

ブレーキ掃除終了(^^)V


必要な工具は
工具
12mmレンチ
5mm六角レンチ
マイナスドライバー
メタルラバー
シリコングリス
ウエス


ブレーキは 重要保安部品です 

作業を終了する前に

もう一度 ボルトの締め忘れがないか確認しましょう~♪



コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

JADE フロントブレーキ掃除

JADEのフロントブレーキを掃除しました(^^)
ドライバー



ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら


最近 Z900RS ばっかりだったので

今回は JADEのフロントブレーキ掃除です(^^)


GSF750と同じ NISSIN(ニッシン)製

基本的な構造は 同じなので

GSFの時より 詳しく解説します(^^)

 
GSFで説明しなかった パッドピンの キャップを外しているところ 
ドライバー
固結しやすく ねじ山を なめやすいので

大き目のマイナスドライバーで しっかりと押さえながら緩めます

中にある パッドピンを 5mm六角レンチで緩めます
ピン
力を入れやすいように キャリバーが 固定されている状態でやっておきます

そして キャリパーを固定しているボルトを外します
固定
(見栄えのため ステンレス六角ボルトに交換しています)

キャリパーを ずらして ディスクから外すのですが

ディスクが減って 端に段差ができているので

パッドを 少し押し込まないと 外れません(^^;)


キャリパーを外したら パッドピンを抜き取り

パッドを 取り外したら

掃除しやすいよう スライドブラケットを抜き取ります
スライド
キャリパーの汚れや スライドピンのグリスなどを 

ウエスで拭きとります


ブレーキレバーを引いて ピストンを押し出したら 

片側が固結していました(^^;)
ピストン
ピストンの汚れを ウエスで拭き取るのですが

少し 腐食しており 表面が ザラザラしていたので

禁断の スチールウール磨き(^^;)
さび
メタルラバーを たっぷり吹き付けたスチールウールで

軽くこすり ザラザラを取ります
(取れないような腐食の場合にはピストン交換)


汚れや錆が付いたまま ピストンを押し戻すと

ピストンブッシュ(ゴム製)を痛めるので

綺麗にしてから メタルラバーを吹き付けて
めたる
ピストンを もみもみ(押し戻しの繰り返し)

片側のピストンを押すと もう片方が押し出されるので

それを繰り返します

押し出されたときに ピストンに汚れが付いていた場合には

汚れを拭き取り もう一度 

メタルラバーを吹き付けてから 押し戻します


ピストンが 両方とも 押し戻っても

動きが固い時は ブレーキレバーを引いて

ピストンを押し出し またメタルラバーを吹き付けて

もみもみを 繰り返します


次は スライド部分のグリスアップ
グリス
普通のグリスだと 受け側のゴムを痛めるので

シリコングリスを使っています


スライドピンに塗りつけ 
あな
受け側の穴にも グリスを補給しています

後は、逆の手順で組み立ててから

ブレーキレバーを引いて ピストンを押し出して
(忘れると 危険です)

ブレーキ掃除終了(^^)V


今回 使用した工具
工具
マイナスドライバー(大)
5mm、6mm 六角レンチ 
メタルラバー
シリコングリス
ウエス
(スチールウール)


ブレーキ掃除は 馴れれば簡単なのですが

不具合があると 命に関わります(^^;)

掃除した時は 走り出す前に 

ブレーキが 正しく動作するか確認しましょう~♪





コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)
プロフィール

abpckzm

Author:abpckzm
静岡県熱海を中心にバイクでパトロール(ツーリング)する倶楽部の幹事
A型 
おとめ座
ひのえうま

熱海バイクパトロール倶楽部 ホームページもよろしく~♪

掲示板はこちら(^^)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
参集状況(模様が数字になっています)
ブロとも一覧

赤いZRXの日記

単車馬鹿日記

バイクるな毎日

It's a piece of cake!

みるく と ララバイ♪

バイカーryou904

ライムグリーンで行こう!@ブログ

MIYAGI TOURING CLUB               TEAM BRIGHTLY★
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村 ランキング
検索フォーム
QRコード
QR