FC2ブログ

GSF750 シート交換(教習車用)

GSF750 シートを教習車用に交換しました(^^)V
シート交換



ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら



東部基礎練習会で GSF750の純正シートは
純正
着座位置が 前のめりになるので

たもさんから 教習車用にするよう  

アドバイスを いただいたので 交換しました(^^)


シートを比較すると こんな感じ
比較
   左が教習車用で          右が純正シート

教習車用は お尻の位置の アンコが抜いてあり
よこ
足つき性が良くなっています


純正シートは お尻の位置が高く 座る所が前傾になっているので

ブレーキを掛けた時に 腰が 前にずれてしまうそうです(^^;)




教習車用シートが あっちこっち ほつれ始めたので
ほつれ
純正シートを ヤフオクして 使っていたのですが

こうなったら 教習車用シートを 補修して使う事にしました(^^)



前側の ほつれ部分は 以前にも 何度か縫って 補修してあり

これ以上 縫うと シートが破けそうなので
材料
補修シートを貼って対応です
補修
擦れて 酷使する部分なので

剥がれないか心配ですが とりあえず これで様子をみてみます



後ろ側の ほつれは 2箇所 
後ろ
 このあたりのほつれ  ↑       ↑


苦労しましたが 何とか縫って
縫い
補修することが 出来ました(^^)V


シート交換と 言うより 「元のシートに戻した」の方が 
シート交換
正しい表現になるのですが

これで 次の練習会が 楽しみです~♪




コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)
スポンサーサイト

GSF750 フロントサスペンションオイル交換(G15)

GSF750フロントフォークのサスペンションオイルを交換しました(^^)V
オイル



ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら


今回も サスペンションオイルも G15
(指定オイルはG10です)

油面高も 純正+10mm にしました




まずは ハンドルの位置をマーキング 
ハンドル

るんぼつ店長の セッティングになっているので

これで ハンドルを外しても 現在の位置に戻せます(^^)



フロントフォールを抜き取り
バイク

逆さに置いて オイルを抜きます
ぬき
オイルの色は 赤ワイン色

前回は 片方だけ オレンジ色に変色していましたが
(前々回だったかも)

今回は 両方同じような色でした


ちなみに ここまでの 作業で 1.5時間です


フロントフォークの取り外しの手順は

こちらをクリック→ 抜き取り作業


オイルを抜いている間に ステムのグリスアップ
ステム
劣化したグリスをふき取り 新しいグリスを塗ります(押し付けます)
車体



古いオイルが抜けたら

新しいオイルを 計量しながら入れます 
いれ

油面高を10mm上げるので

少し多めに 550cc入れてます
(標準使用量 521ml)

合計すると 1100ccになるのですが 


1リットル1本で 両方入れることができました(^^) 


ちなみに

油面高を高くする → サスペンション内のエアーが少なくなる

エアーが少なくなるので → サスペンションが固くなるそうで

つまり エアーの量が 重要なので

インナーを動かして 細部までオイルを馴染ませてから

そのまま放置して オイル内に混入したエアーを抜いています


放置している時間を使って ステムの組み上げ
しめ



そして 自作オイルレベルゲージで油面高の調整
じさく
純正は97mmですが 87mmにしました(^^)V


ついでにバネの長さもチェックしておきました
ながさ
ばね
使用限度が291mmなので まだまだ大丈夫そうです


部品は 順番 通りに置いて
まにゅある
ぶひん
スプリングの向きも合わせておきます

あとは 一気に 組み上げ
(作業に夢中になり 写真を撮影し忘れました)


フロントサスの調整ネジは オイル交換前と同じ 

3.5回転(一番締めた状態からの戻し量)しておきました

つきだし

純正の突き出し量は5mmですが

るんぼつ店長の指導により 0mmにしておきました(^^)


ハンドル周りは トルクレンチを使って締めてます~♪
とるく

ハンドルクランプは 一般的には

前側を締めてから 後ろ側を締めるそうですが
クランプ
GSF750は 前と後の すき間を均等にするようになっています

ちなみに 均等にしないと ボルトが斜めに当たって

ボルトが廻しづらくなります(^^;)



作業前に ハンドルに マーキングしましたが

クランプの締め方を 均等にしたので 位置がずれてしまいました(^^;)

クランプが移動した分を 考慮して ハンドルの位置をあわせて

とりあえず フロントサスペンションオイル交換 終了(^^)
かんせい
今回の作業 約4時間


これで へたれて ふにゃふにゃしていた フロントサスも

少しは しゃんとした動きになりそうです~♪









コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

JADE フロントフォーク オイルシール交換

JADEのオイルシールが漏れました(^^;)



ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら


JADEの フロントフォーク左側から
漏れ
オイルが漏れるようになったので 

オイルシールを交換です


まずは フロントフォークを取り外し

中のオイルを抜きます
抜き  なか

2013年4月のオイル交換から 15,000Km使っているので
おいる
オイルも かなり劣化していました


オイルが抜けたら

フォークの下にある 六角ボルトを外します
した  ぼると
緩めにくいので マットを敷いて 

フォークを足で踏んで固定します

ボルトを抜くと 
なかみ
シートパイプが 中から取り出せます


ダストシールと 固定リングを外してから
だすと  りんぐ

インナーパイプを 引き抜きます
はこ
簡単には抜けないので

何度か 反動をつけて 

打ち抜くようにして 抜き取りました


インナーパイプが抜けると 中から

オイルロックピースが取り出せます
から
シートパイプの下にある アルミ製の部品です


組み立てる時に 間違えないよう

順番どおりに パーツを並べておきます
ならべ  マニュアル

そして 各パーツを パーツクリーナーで 汚れ落とし
そうじ  クリーナー
10年分のダストが溜まっているので きれいにするのに苦労しました(^^;)


交換する部品
ぶひん
シールセット       1987円
ストッパーリング     189円
ガイドブッシュ       723円
六角ボルトのワッシャ  156円
合計            3055円


それでは 組み立てです

オイルロックピースを入れて
カラー

インナーパイプを差込み
パイプ

ガイドブッシュを入れ
メタル

そして 古いガイドブッシュも入れ
古い

バックアップリングを入れて(これ重要)
ワッシャ

専用工具の代わりに 塩ビパイプVP40を利用して
えんび
ガイドブッシュが 塩ビパイプより 細いので

バックアップリングを忘れると 打ち込めません



上から プラハンで叩いて ガイドブッシュを打ち込みます
ぷらはん
打ち込めたら 古いガイドブッシュは 抜き取ります

古いガイドブッシュを利用することにより
あっぷ
ガイドブッシュが 奥くまで 収まり

次に入れる オイルシールが 収まりやすくなります


バックアップリングを 戻し
(忘れると もう一度 やり直しになります)

オイルシールに メタルラバーを たっぷり塗り
シール  ラバー
インナーパイプにも べったり塗ってから

オイルシールを はめ込みます
(文字が書いてある方を 上にして)


シートパイプを入れて
なか

スプリング類を入れ 一度仮組みしてから
仮組み
(シートパイプの 供回り防止のため)

フォークの下にある 六角ボルトを締めます
締め
トルクレンチで 1.3k

ストッパーリングを装着
りんぐ


サスペンションオイルは ヤマハ G-15 1632円
おいる
(純正指定は G-10)

使用量 310cc

きちんと測定しても ビーカーに付いて

規定量にならないので

少し多め 350ccぐらい入れて


隅々に オイルが入るように

インナーパイプを 上下に動かしてから

オイルに混入した エアーが抜けるように 

放置して この間に 

右側のオイルシールも 交換します


前回オイルシール交換をしてから 10年経過しており

片方だけ交換すると 左右の動きに 違いがでるので

2本とも 交換しちゃいます




油面が 安定したら

自作レベルゲージで 抜き取ります
器具
油面高 119mm

スペーサーを入れて パイプの差込を調整することにより
上
押さえた時に 丁度いい長さになるように 改良しました(^^)


油面高を調整したら

スプリング(ピッチが狭い方を下側にして)を入れて
マニュアル
ワッシャとカラーを入れて フォークキャップを締め込みます


フォークをステアーリングステムに取り付けて 仮締し

フォークキャップを きちんと締めこんでから
レンチ  サービス
ステム関係のボルトを 規定トルクで締め付けて

フェンダー、タイヤ、ブレーキ等を取り付けて
完成
オイルシール交換 終了(^^)V


2本 交換して

作業時間は 約4時間

交換部品  3055円*2セット
オイル代  1632円
合計     7742円


少し手間が掛かりますが

オイル漏れが治るだけでなく

フロントサスの動きも よくなります



オイルが漏れたままだと

危険なので  きちんと治しましょう~♪








コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

GSF750 リアサス リンク部掃除

GSF750 リアサスペンション リンク部を掃除しました




ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら



リアサスの リンク部を掃除することにしました
スイングアーム  まえ

やろうやろうと 思っていたのですが

取り外すのが ちょっと たいへんなので

ついつい 先延ばしに してしまい

平成25年12月の掃除から

3年3ヶ月分の よごれが堆積しています


ウエスで 汚れを拭き取り
そうじ
中のピンも 抜いて ベアリング部分にグリスアップ

ベアリングのグリスは 

赤茶色に変色していました
(手がグリスだらけで 写真はありません)


足回りは きちんと 規定トルクで締め付けします
ほん
車体にとりつける Dボルト

工具を入りずらいうえに 8.0kで締めるので

これが たいへん

外す時も このボルトだけは 

レンチに鉄パイプをかまして 緩めています 





詳しい手順については

熱海バイクパトロール倶楽部ホームページ

メンテナンス の サス関係に

リアサス交換が書いてあるので

そちらを みてください






コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)

GS7750 フロントサスペンションオイル交換(G15)

GSF750フロントフォールのサスペンションオイルを交換しました(^^)V




ブログ更新意欲 向上のため 読む前に 

こちらを↓ポッチとお願いします(^^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


倶楽部のホームページを開設しました
bana
ブログの目次代わりに使えるので見てください~♪

倶楽部の掲示板はこちら




今回のサスペンションオイルは G15
(指定オイルはG10です)

練習会で使うと 限界近くまで サスが沈むので

今回も 油面高を10mm上げておきます




今回も フロントフォークを抜き取りするまでは 
ばらし
写真撮影は省略させていただきました

どんな作業か知りたい方は こちらをクリック→フロントフォークを抜取作業


逆さ吊りして オイルを抜き
逆さ

左側のオイルは きれいな赤でしたが

右側のオイルは オレンジ色に変色していました



オイルを抜いている間に ステムのグリスアップ
ふち  グリスアップ
劣化したグリスをふき取り 新しいグリスを塗りたくります

グリスアップは 手間がかかりますが

レースを傷めると もっと大変なので

この機会に合わせて グリスアップするようにしています




古いオイルが抜けたら

新しいオイルを 計量しながら入れます 

前回575ccで多かったので 550cc入れてみました
(標準使用量でも521ml)
おいる
サスを抜き差しして 細部までオイルを馴染ませ

そのまま放置して オイル内のエアーを抜きます



放置している間に オーバーヒート君のタイヤ交換
到着

タイヤの山は残っているのですが

ひび割れが酷いので交換です
たいや

タイヤを外すのは スムーズにできたのですが
はずし
(当たり前ですが 二人でやると 楽に外せます)


タイヤが固くて はめるのに苦労しました
あわせ
タイヤを装着するコツは 

タイヤレバーで はめ込む 反対側のビートを 落とすことなのですが


自分が使っているタイヤは 足で踏めば 落とせるのに

このタイヤは固くて 足で踏んでもビートを落ちません
まんりき
しかたがないので 万力でビートを落としながら

タイヤを装着しました

空気
なんとか タイヤ交換ができたので




サスペンションオイル交換作業に戻り

自作のオイルレベルゲージで 油面高が87mmになるように
(純正は97mm)

余分なオイルを抜き取り
(約20mlぐらい 抜き取れました)

スプリングやカラーなどを入れて(戻して)

フォークキャップを取り付けます
キャップ
油面高を上げると フロントフォーク内の空気が 少なくなり固くなるのですが

Oリングが劣化していては エアーが漏れ 十分な効果を得られないので

Oリングを交換しておきました(^^)V


いろいろ作業があり 写真を撮影する余裕が無かったので

どんな作業か知りたい方は こちらを見てください→サスペンションオイル交換





今回 ハンドルを吊るす はしごが無かったので

横着してフレームの上において 作業したら

ハンドルのギザギザで フレームがキズだらけ
きず


フロントサスペンションオイル交換 ステムのグリスアップ タイヤ交換と

いろいろと作業があり 大変でしたが
完成
無事 作業終了 


サスペンションオイルを交換したら

フロントブレーキを 掛けた時の 

沈み込みが緩やかになりました


思っていた以上に サスペンションオイルが劣化していたようです

みなさんも いかがですか~♪






コメント募集中です

ご気軽に 書き込みをお願いします(^^)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村



皆さんの応援 お待ちしております(^^)
プロフィール

abpckzm

Author:abpckzm
静岡県熱海を中心にバイクでパトロール(ツーリング)する倶楽部の幹事
A型 
おとめ座
ひのえうま

熱海バイクパトロール倶楽部 ホームページもよろしく~♪

掲示板はこちら(^^)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ
参集状況(模様が数字になっています)
ブロとも一覧

赤いZRXの日記

単車馬鹿日記

バイクるな毎日

It's a piece of cake!

みるく と ララバイ♪

バイカーryou904

ライムグリーンで行こう!@ブログ

MIYAGI TOURING CLUB               TEAM BRIGHTLY★
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村 ランキング
検索フォーム
QRコード
QR